2008年03月24日

プロ野球と社会人野球

野球での一つの区分け。すこし違和感あるんだよね、自分は、だけど。
野球選手も社会人だから(笑)由宇カープは広島社会人野球大会に出てるしね。
プロ野球、アマチュア野球。やっぱこの言い方がしっくりきますね。

でも実業団チームとクラブチームでは環境も待遇も違う。
実業団といっても会社によってそれは当然違ってくるだろう。
プロは野球をするのが仕事、完全専念。朝から晩まで野球ができる。
しかし、いざ同じ土俵に立てばやることは同じ。石より堅い硬球飛び交う危険なグラウンドで戦う。

過酷な話である。しかし好きだから、あきらめきれない「何か」があるから、毎日グラウンドへ立つのだろう。
一般人の自分には考えられない常軌を逸した「硬式野球」の世界。
特に投手や捕手は考えられないほど危険なポジションだ。

ここ数年で本格的になってきた「プロアマ交流戦」
由宇では3月に2試合行われた。
最初はクラブチームの山口きらら。有志の集まったチーム。
普段の所属はさまざまで学校、仕事と野球は完全に切り離さないとならない彼ら。
それでも少ない練習時間で密度の高い練習をしているのだろう。

われらの由宇カープは散々な結果でやられてしまった。
投手が練習生だとかそんな事は全く関係ない。
投打守、3拍子揃って総崩れ。前半でほぼ試合は終わった。

きらら12−2カープ。。逆じゃないのかい?スコア

特にレポする話もない。ただ練習試合であれプロは「負けるのが大嫌い」であって欲しいものです。
1−0でも10−9でもアマチュアだけには負けない。それがプロの意地だと思います。
posted by びーざれっず at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩国由宇カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90659322

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。